FC2ブログ

ブログ @(あっと)驚く あべごろ~

山形県天童市 《フォトスタジオアベ》 のブログ

クラス会の準備

定休日でもなんだかんだでお仕事をしていますが
ちょっと合間をみて写真をパチパチ

山形県総合運動公園にきてみました
45647058_1953256824755402_3131801405333962752_n.jpg
写真をはじめたばかりの初心者の方は明るくて鮮やかな写真を好むのですが
ベテランになると濃度がのった深い色合いの写真を好むようになります

スタジオの写真もストロボをバチバチ当てて明るい写真の写真館と
光のつながりをよく考えた濃度がのっていても味わいのある写真もあるものです


ベンチにも黄色いイチョウの葉がパラパラと
45657533_1953256831422068_2022323567940599808_n.jpg
45506155_1953256871422064_9013855779739926528_n.jpg
もみじの葉っぱは光の当たり方で赤く色づく葉と黄色くなる葉があるのだそうです
いろんな色の繋がりが美しい季節ですね


さて、そんな定休日を利用してクラス会の準備
なぜか小学校5年生のときのクラス会です
45767218_1953599994721085_8466043571697352704_n.jpg
6年生のときの担任の先生はもうお亡くなりになってしまったのですが
5年生のときの担任の先生の傘寿のお祝いをと考えて先生に電話

trrr trrrr trrrr
自分「先生の傘寿のお祝いで
   クラス会をしようと計画中なのですが
         ご都合いかがですか?」


恩師「あら~ 2年前に傘寿だっけの~ 
      でも、先生2歳サバよむから大丈夫
!」



ただ事務連絡のような案内状では面白くないので
当時の学級だよりのタイトルが ありんこ だったので
学級だより風につくりました
45675767_1953600064721078_279114561469022208_n.jpg
アリはみんなで協力して食べ物を運ぶ様子をみて
同じクラスのアツコさんが名づけたのを記憶しています


クラスの友達に誰がいたのか記憶が薄くなっているかもしれないので
当時の思い出の写真もいれて作りました
4年生のときにはみんなで仮装してクリスマス会をしたり
45549833_1953599974721087_5934527999905890304_n.jpg
5年生のときには松島にいって船で桂島にも行きました
45691316_1953600041387747_2655050642384486400_n.jpg
休日にも先生の家にあつまって遊んだりしたものです
今では考えられないですね
5人ほどどうしても連絡先がわからない人もいましたが
転校して行った人などもも大多数の方の連絡先がわかって
もうすぐ案内状を出せそうな感じです。

出欠の確認はQRコードを作って
自分宛にメールを簡単に送信できるようにしました

便利な時代になりましたね



スポンサーサイト
山形 天童 |

修学旅行ウィーク

ここは山形空港
村山市方面に端照っていると
管制塔から滑走路にかけてきれいな虹がかかっていたので
ちょっと寄り道してパチリ
後ろに見える葉山は上のほうが薄っすら雪化粧していました
201810310009.jpg
阿部家代々のお墓は
戦時中までこの滑走路のところにあったのだそうです

ここに飛行場を作ることになり
座棺で土葬されていたご先祖様を掘って
それから火葬しなおして西側に別に用意したお墓に埋葬しなおしたのを
うちのジイチャンにきいたことがあります

ハロウィンの仮装と火葬をかけてみましたが
ん~  苦しいですね


さて、今週は今年のラストの修学旅行ウィーク
前半にアカネさんが東京の修学旅行に同行です

天童市内の金婚式があったのでチェンジしてもらいました
201810310008.jpg
朝だけ駅までお見送りにきました


週の後半は交代して自分が会津若松・日光方面へ
201810310010.jpg
201810310011.jpg
こちらはバスに乗って同行です
今年の紅葉は赤が少ないような気がします


会津若松城
いつ見ても見事ですね~
201810310013.jpg
会津若松では子供たちが班別研修をして
自分たちでお店でお昼ご飯を食べるのですが
どこのお店に入ってもお店の方々が
修学旅行の子供たちへの受け入れが出来ていて
とても感じがよいお店ばかりで
これは本当に我々も学ばなければいけないと思います

本当に感じのいい方々ばかりです


会津若松の研修がおわるとバスに乗って鬼怒川温泉へ
そして翌朝日光東照宮へむかいます

バスガイドさんが
日光東照宮ってどんなところか知っている人いますか?

すると物知りなS君が
徳川家康が眠っているところ!

バスガイドさん
そっかぁ~ 今日は起きているといいねぇ

すると
あぁ! サルがいる!!!!
201810310012.jpg
バスガイドさんの巧みなボケに気づいたのは
カメラマンと添乗員さんだけでした


9月の日光への修学旅行はアカネさんにお願いしたので
実に1年ぶりの日光東照宮です
201810310014.jpg
東照宮ではバスガイドさんではなく、専門のガイドさんが案内してくださいます。
何度もきているとガイドさんも見慣れた方々になるのですが
今回は初めてお会いする若い男性のガイドさんでした

普通、お侍さんは左側通行をしなければなりません。
それは何故かというと
右側を通るとお侍さん同士の刀がぶつかる恐れがあるから
刀と刀がぶつかるのは武士としてあってはならないことなのです

ところが、この陽明門より先に行くには刀を預けていくので、
これより先は右側通行で進んでいくのだそうです。

争いごとがない平和な世界を望んだ徳川家康公らしいですね







山形 天童 |

カラーコーン

10月27日は今年最後の軽トラ市
軽トラックの荷台や軽自動車にテントをたててお店屋に見立てての朝市で
ご希望があればどなたでもお店を出すことができます。
歩行者天国の会場に自動車があるというのでいろんな制限があって
警察の許可の都合で軽自動車に限られます
201810310007.jpg
意外と座る場所がないので、当店の前には座る場所を用意して
お休みどころをご提供していました


でも、日曜日の午前中というのは写真スタジオにとってはゴールデンタイム
まして七五三のお客様のご予約が多い季節ですから
歩行者天国でお客様の駐車場問題があります
201810310003.jpg
そこでカラーコーンを作って
当店で別に借りている月極駐車場に目印にすることにしました


カラーコーンはホームセンターで 1個 298円
201810310002.jpg
問題は当店の目印をどうするか・・・

当店のロゴマークは有限会社から株式会社に改組した時に
デザインしていただいたカタカナと英文でカラーと白黒 
合計4パターンありますがどれも横書きです


パソコンで90度回転してから一文字ずつ反時計まわりに文字を回転
201810310006.jpg
縦書きのロゴマークになりました


これを日焼けしにくい顔料インクのプリンターで印刷して
201810310001.jpg
写真を保護するエンボスのコールドラミネートをします


コールドラミネートは粘着性なので
それを切って一枚ずつ貼って閑静
201810310004.jpg
27日は大忙しでしたけど
通行止めにしているところのガードマンさんにもお願いして
無事、大勢のご家族さまにご来店いただけました






山形 天童 |

土曜日の午後

お酒のはいる祝宴は土曜日の午後からがとても多いです
同時刻に重なったり、2つの会場へ時間差でお伺いしたりします
201810240001.jpg
201810240002.jpg
もしものことがあってはお客様にご迷惑をおかけしますので
事前に仲間のカメラマンさんに先乗りして入っていただいたりもします
201810240004.jpg
201810240006.jpg
結婚式にはつきもののご招待客のお名前をいれて流すDVD
パソコンも足りなくなってネットワークからはずしておいてある
古いパソコンの中を軽くして会場へ持ち込んでいって
お客様から見えない場所で編集です
CFカードやUSBのメモリーなど頻繁に行き来しています


他にも週末に多いのは同窓会
201810240008.jpg
天童七中の古希祝いとか、天童三小の還暦祝いとか
50歳以上の人しかどこの地区かわからないかもしれませんが
天童七中は現在の干布小のところにあった干布と荒谷の皆さんです

天童一小は 天童中部、南部、北部(乱川地区は二小)の3校に分かれています

最近は同窓会がお盆や正月は孫さんなどが来る方が多いのか
自宅に来客の少ない春や秋にするケースが増えてきているような気がします





山形 天童 |

定休日にはメンテナンス

この夏から新聞や地元のフリーペーパーへの広告を辞めて
また以前のようにいつもご来店いただいているお客様へ
【はい!チーズ】というニューレターをお届けするようにしました
43680925_1915374688543616_3686845758482415616_n.jpg
この広告は宣伝をしていると依頼が少ないのですが
広告をやめると急に依頼されるお客様が増えるのです

定休日も店の中でご先祖様の遺影の作り直しなどのお仕事をしています


他にも写真を現像するときにプリントが通ってく
現像液のタンクやラックの大掃除メンテナンス
43734259_1913773395370412_969050935303077888_n_2018102614375070b.jpg
写真の現像液はプリントをするごとに新しい現像液が補充されるので
お仕事をいっぱいすればするほど新しい元気な現像液が補充されて
すっきりしたきれいな写真に仕上がります。

でも、水洗いの場所には写真の画像にならなかった
印画紙についた銀が沈んでくるので
ここだけは定期的に手作業で洗い流しています


現像タンクを印画紙が通るために、こんなローラーがいっぱいのラックが入っています
43661888_1913773405370411_4177332033002930176_n_20181026143747c44.jpg
掃除のときにはそれを取り出して高圧洗浄機でブシュ~!っと洗い流します

写真のプリンターは毎日ある程度のプリント枚数がないと維持できないので
最近は銀が発色している昔ながらのカラー写真ではなく
パソコンプリンターに近いプリントの写真屋さんが多くなり
同窓会などの集合写真のお客様が

「ちゃんとした写真で納めてくれる写真屋さんを頼む」となると

天童温泉の旅館やホテルからお声をかけていただいています

秋の行楽シーズンで忙しくなってきたので
定休日は朝からプリンターの掃除をしていました。




山形 天童 |
| HOME |NEXT