FC2ブログ

ブログ @(あっと)驚く あべごろ~

山形県天童市 《フォトスタジオアベ》 のブログ

臨時休業のお知らせ

3月19日(火) 

天童市内の小学校卒業式で

出張撮影のため

午前中臨時休業させていただきます

午後から通常営業いたします
スポンサーサイト
山形 天童 |

2019年 春のウィンドウ

お店のウィンドウの写真をチェンジしました
ウィンドウの写真は昨年の春にご来店いただいた皆さんです
今年は兄弟姉妹シリーズにしています
20190225_000.jpg
ひなみちゃん と ほのかちゃん
白いバックに薄いピンクのライトをあてて
背景と人物の間にスポットライトをいれて奥行き感をでしています

妹さんのお友達のぬいぐるみも可愛かった一枚です


まさむね君 と たいせい君兄弟
20190225_001.jpg
メガネが可愛いたいせい君
イスに腕をまわしてリラックスしてニッコニコしているのが可愛いです

実は、ママにうちの娘が勉強を教えてもらっているんですよ


こんどはちょっと重厚なブラウンの背景
この色を使うとすごく上品な雰囲気です

はるま君 と てるま君
20190225_002.jpg
はるま君はお爺ちゃんとそっくりです
七五三のときもご来店いただきましたが
とっても元気いっぱいの楽しいご兄弟です


ちょっと年上のご兄弟は彩夏さん、悟君、守君
高校生と中学生と小学生です
20190225_003.jpg
お母さんが天童市内に勤務していたときにお世話になって
それがご縁で今は河北町勤務になっても定期的にご来店いただいています。
お互いびっくりするくらい共通の知り合いがいっぱいなんです


一番大きいプリントになっているのは
こうた君 せいなちゃん あやなちゃん
monna 6p
何をとっても一番目立つのはお兄ちゃんのユニフォーム姿
七五三などでも小学生はスポ少のユニフォームというケースがあります

子供の成長の速度は思いのほか早いです
その時しかない思い出を残しておくのに
ユニフォームっていいですよ



花粉症のお薬をだしていただき行ったとき
「あ 入学式の記念撮影の予約おねがいします」
とか意外なタイミングで予約がはいります。

当店は全員がスマホでお店の予約管理ができるアプリをいれて
お店のカウンターで受け付ける情報もリアルタイムで共有していますので
会ったときに思いつきで予約も大丈夫

お気軽にお問い合わせください



山形 天童 |

インスタ映え講座

2月7日に山口公民館でインスタ映えする写真の講座をしました
20190209_003.jpg
20190209_006.jpg
スマホで撮った写真をきれいに仕上げる勉強会です


元の写真はこんな感じなのを
無料アプリを使ってきれいに仕上げたりします
20190209_000.jpg
20190209_001.jpg
合成をするわけではなく、元々画像にあるデータを利用して
きれいに仕上げていきます


最初は座学でやりすぎると失敗しますよとか
失敗した写真をきれいに仕上げる方法をご紹介
20190209_002.jpg
その後で実際に無料のアプリをいれて実際にやってみました
20190209_004.jpg
市の広報の方にも来ていただきましたが
なかなかの盛りあがりでした

スマホで写真をきれいにしたいという方
結構たくさんいらっしゃいますね



山形 天童 |

【幻の営農サンバードリフト】

月末の昼下がり
仕事で雪国の果樹農家の多い地区にやってきたオレは、モスグリーンのJB23型スズキジムニーのシートに座り静かにエンジンをかけた。
インタークーラーターボ付きK6Aエンジンは軽やかにスターターがまわり、ランドベンチャー仕様のジムニーからはシートヒーターの温もりが背中に伝わってきた。

仕事を終え西側に向かうと、老舗菓子店の横で山道から下ってくる街道と合流する。
50946044_2069752226439194_6259536107998806016_n.jpg

すると、山の方から下り坂を一台の軽トラックが走ってきた。
20年以上経つであろう年季の入ったスバルサンバー。
俗に営農サンバーと呼ばれるフロントに緑のJAのエンブレムが輝くプロ仕様の軽トラックだ。

リアエンジンリア駆動のRR車は、農道のポルシェだと言わんばかりの気合の入った走りを見せている。

ドアには頭文字Dの藤原とうふ店を連想させる黒文字で、ドライバーの苗字と自家用の文字がプロドライバー魂を刺激する。

ドライバーは80歳を超えているだろう爺さんだ。
助手席には長年連れ添ったお婆さんが乗っていた。

通りに合流するために待っていたオレのジムニーの前を通過した営農サンバーがシフトダウンするのがわかった。

ショックアブソバーの抜け切ったサスペンションはノーズダイブし、空っぽの荷台のリアサスは伸びきり、ギュィーンと車体が前方に傾いたのを、爺さんは巧みなアクセルワークでバランスを取った。

そして軽くステアリングを左にきったのであろう、大きめのロールをして左に曲がり始め、リアタイヤが雪解けの濡れた路面で外に流れた。

軽トラックはドリフト状態になったが、爺さんはカウンターステアをあてることもなく老舗の菓子店前高速コーナーを軽快に曲がって行った。
タイヤのグリップを極限まで使った理想的なゼロカウンタードリフトだった。

その光景を追うようにオレのジムニーも後を追いかけた。
オレがコーナーを立ち上がったころには、爺さんの乗った営農サンバーは遥か前を走っていた。そして次の信号を過ぎたところでオレの視界から消えた。

果樹農家の軽トラ爺さんは、俺の伝説となった……

(こういうしょうもないことを勿体つけて書く小説って、バブル時代にありましたよね)



さて、インフルエンザで5日間お休みだったアカネさんも復活
今年のインフルエンザはすごいですね
アカネさんも保育園の撮影からかえってきた翌日から
もうみるみる具合が悪くなっていくのがわかるほどでした。
50916960_2070953039652446_9025557078835462144_n.jpg
今の時期、流通業界はそちらこちらでたな卸し
当店も月末でたな卸しです
ホームセンターでもドラッグストアでも
1月~2月の商品の動きが少ない時期に在庫のチェック

当店の飾り棚

意外と収納できるのでたな卸しも高いところへ登ったりして一苦労です




山形 天童 |

ご先祖様の遺影アルバム

20年以上前からの新聞広告を休んでいますが
後世に伝えるご先祖様の写真について新サービスを準備しています
20190120_0001.jpg
20190120_0002.jpg
これまでは葬儀のときにいい写真が探せなくて
落ち着いてからいい写真が見つかった方の作り直しでしたが
ここ数年お問い合わせが多いのは
戦前からのご先祖様の写真についてのお問い合わせです


昔からのご先祖様の遺影を家の長押から下ろして
アルバムに収納したいというお客様の声にお答えして
このような専用台紙をご用意いたしました
20190120_0003.jpg
シックな青い布張りの表紙に、落ち着きのある化粧箱を特注で作成しました
昨年から試作していたのですが、
お問い合わせいただいたお客様に試作のアルバムをお見せしたら

「あ! これこれ こうやってしまって置きたいんです」

ということで、見本を作る前に売れてしまっていました


成人式も終わってちょっと落ち着いたので
阿部家のご先祖様で作成いたしました
20190120_0000.jpg
最初は阿部家の家紋です
次に年代の古いご先祖様から

わが家では亡くなった順番ではなく、
生まれた順番で台紙に貼って行きました

戦時中に戦死した叔父などもいるので、逆縁になっていることもあるので
誕生順がよいような気がします


自分が末っ子、父親も男兄弟の一番下、祖父も末っ子の六男
祖父は河北町沢畑の堀米家から阿部家に婿養子です
50497939_2054652131282537_753609032069021696_n.jpg
末っ子、末っ子、末っ子なので 
曽祖父、曾祖母はどちらも江戸時代の人で
さすがに一般人では写真を撮るなど夢物語の時代

とりあえず阿部家のご先祖様の遺影アルバムを作ったところです

よくご先祖様の遺影のお問い合わせをいただくのですが
そこでよく耳にするのは
子宝に恵まれなかった叔母さんがお里に帰されてきたとか
嫁ぎ先で病気をしてお里に帰されてきてから息を引き取ったとか
子供のときに病気で亡くなったとか
現代の婚姻や離縁の常識とは違うことがあるようで
必ずしも夫婦そろっての遺影ではないことがあります

家によってご先祖様の遺影の数も違うかと思います
お値段は 複写や細かい修復作業とアルバム代込みで
基本料30,000円で、プリント1枚4,500円×枚数
ご先祖様の遺影4枚で作成すると48,000円になります。

納期は2週間ほどです




山形 天童 |
| HOME |NEXT