fc2ブログ

二十歳を祝う会

1月7日は天童市の二十歳を祝う会
阿部家の末っ子も二十歳になりました

当館の着物と写真のセットなのですが
お客様優先なので娘はもちろん最後です
0582_moeko6p.jpg
二十歳を祝う会から帰ってきてから嫌がる娘をパチリ

お客様の写真ではなかなかスタジオ写真の説明ができないので
一級の国家資格を持つオヤジが娘で正しい写真の説明

写真うつりが悪いのはお客様のせいではなくカメラマンの技術の差です
ちゃんと資格を持って営業してるプロのスタジオでの撮影をおすすめします


写真は平面に立体物を表現するので
人物と背景の間に空間が感じられるように撮影します

スポットライトで春らしく桜の模様を映して
足元の後ろにもほんのりスポットライトをいれて
背景との空間を感じられるようにしました
0617_moeko6p.jpg

右向きも左向きも撮るのですが
ヘアスタイルがむかって左側が可愛い飾りがあるので
髪飾りが見えるようにポージングを多めにしました

上の写真はメインのフラッシュも左でしたが
体の向きによってストロボを動かして撮るのが
スタジオ写真の基本中の基本


半身の写真は大きなボックスのフラシュを人物のすぐ近くまで持ってきます
そうすることによって小さい顔のなかでも
明るいところと暗いところの光が自然につながり
より柔らかな光で立体的に写ります

二十歳の振袖にネイルはつきものなので
ネイルもわかるように指先もそっと写真に入れます
0596_moeko6p.jpg
頭の上にはトップライト(スカイライト)というストロボををあて
髪の毛にきれいに天使の輪が出るようにするのも
スタジオ写真の基本中の基本

人物の後ろから小さいフラッシュを当てて
より人物が浮きがって見えるようにします

この写真で7つのフラシュが同時に光っています


でも、たまにはフラッシュを使わない撮影もします
タングステン光という裸電球色の大きな照明を1つだけの撮影もできます
1つだと髪に天使の輪はできません

キヤノンのカメラを使っているのですが
ドイツのカール*ツァイス プラナー85ミリというレンズの絞りをあけて
背景をぼかして人物を浮き上がらせたりもします
663moeko6p.jpg
後ろのシャンデリアや花のポットは飾りなので照明ではありません


市民文化会館で行われた二十歳を祝う会は振袖でしたが
帰ってきて大急ぎで写真を撮ったあとは着替えて同級会
680moeko6p.jpg
ストロボは使わないでスタジオの光だけで洋装もパチリ

当館のセットを全部つかって見本にしようかと思っていましたが
「もう時間だ~!」と大急ぎで
ゲストハウス アンジェリーナに出かけていきました

久しぶりに同級生とあって楽しい1日を過ごした様子でした

スポンサーサイト



学校アルバムの個人撮影(2023)

修学旅行が終わると卒業アルバムの個人写真の撮影
平日は朝から学校にお伺いして仮設のスタジオを用意して撮影しています
410477365_6938035759610792_7661207613299540887_n.jpg

412285317_6955587477855620_6221405169142112562_n.jpg
空き教室、視聴覚室、コンピュータ室、音楽室など
学校によって様々です


408299345_6904722889608746_4263194407491616872_n.jpg
小学校時代の思い出が何年先の自分や
同級生にも思い出されるように
大切にしたものや頑張ったことがわかるようにしています

2023 修学旅行 (干布小ダイジェスト)

11月9日、10日は干布小学校の修学旅行
あべごろ~は七五三や振袖のスタジオ撮影の仕上げがたまっているので
校長先生と一緒にお見送り
20231110_05.jpg

20231110_06.jpg
1年生の数人もお見送りにやってきました

「6年生になると修学旅行に行くの?」
「ホテルに泊まるの?」
「え?ペットホテル!」
「じゃあ 今日はパパとママに会えないの?」
「えええ~ 6年生かわいそう~~」

会話を聞いていて ほっこりしました


やってきたのは羽黒山
五重塔の前でパチリ
20231110_03.jpg
県外や遠くに行く学校もありますが
意外と知らないことが多い山形県

大学などで県外へ進学すると遠くの友達がいっぱいできます
そのお友達に案内できるようになるにもいい学習だと思います


さあ みんなで石段をのぼります
夏に山寺にものぼった学年ですが
山寺よりも長い距離にチャレンジ
20231110_07.jpg

20231110_08.jpg

20231110_09.jpg

20231110_10.jpg
到着! バンザーイ


拍手を打って 神社にお詣りをして
20231110_11.jpg

20231110_12.jpg
おみくじで運勢は・・・・

きっと大吉だったことでしょう


お昼はカツカレー
20231110_13.jpg
カメラマン情報によると とても暑いトンカツのカツカレーだったそうです


続いてやってきたのは酒田市の山居倉庫
20231110_14.jpg

20231110_04.jpg
地元のガイドさんからどうしてケヤキ並木があるのか?などの説明を
みんなしっかりメモを取りながらお話を伺います

干布小学校の卒業アルバムを長いことお請けしていますが
伝統的に人の話をきく姿勢(態度)は本当に素晴らしい学校で
日光東照宮などに行った学年でも
ガイドさんからお褒めの言葉をいただくことがあります
20231110_15.jpg

米俵を5俵も担いだ女性の人形
明治、大正、昭和と女性たちがこうやって米俵を担いではこんでいました
20231110_17.jpg

20231110_16.jpg
米俵は1俵の重さが60キロあります
60キロを体験してみました

5俵ですから300キロのお米を担いでいたなんてすごいですね


山居倉庫をあとにして次は加茂水族館
20231110_18.jpg

20231110_19.jpg

20231110_20.jpg

水族館ではフラッシュ撮影禁止
意外と難しい水族館の写真です


水族館からでるとちょうど日没タイム
20231110_24.jpg

20231110_23.jpg

20231110_22.jpg
天童では海に夕日が沈むのを見ることはないので
晴れてよかったです

今夜のお宿は 湯の浜温泉 ホテル八乙女
20231110_25.jpg

20231110_26.jpg

20231110_28.jpg
美味しい料理をみんなでいただいて
20231110_31.jpg

20231110_32.jpg
みんなで温泉につかって
楽しい夜はふけていきました


二日目の最初の訪問先は 鶴岡の致道博物館
20231110_01.jpg

20231110_36.jpg
ここは警察署の建物
急な階段を上ると署長室からの見晴らしがとてもいいです


鬼滅の刃にでてくるような田麦俣の多層民家もあり
こちらも茅葺き屋根の建物の中に入ることができるんですよ
20231110_38.jpg
20231110_39.jpg
実は、阿部スタジオの2代目の祖父は茅葺き屋根の職人さん

祖父は河北町沢畑の堀米家という旧家から阿部家に婿にきたのですが
住み込みの職人さんなどもいるような家だったそうですが
100年も経ってすっかり商売替えをしています


二日目のランチは なんとあの有名な アル・ケッチャーノ
20231110_42.jpg
お洒落なランチタイムでした

20231110_02.jpg
シェフは不在でしたが最後にスタッフの皆さんと一緒にパチリ


修学旅行の最後を締めくくりのは最上川舟下り
戸沢藩舟下り番所から乗船です
20231110_44.jpg

20231110_45.jpg

20231110_46.jpg
船頭さんのお話がとても楽しく飽きさせません

20231110_47.jpg
すれ違う舟に手を振ったり、
急流で舟が揺れたりしながら楽しいひと時です


帰りはバスの中でレクリエーション
教頭先生の似顔絵を描いてみよう!
20231110_48.jpg

教頭先生がすましてみせてできた絵がこれ
20231110_49.jpg
ずいぶんカッコヨク描いてもらえてホッと胸をなでおろしたところで
学校に到着しました

楽しく学ぶことができた二日間でした


2023 修学旅行 (天童南部小ダイジェスト)

11月1日は天童南部小学校6年生の修学旅行
20231101_01.jpg

20231101_02.jpg

20231101_03.jpg

20231101_04.jpg
バスに乗ってみんなでやってきたのは会津若松市

前日からほぼ同じ人数の天童中部小学校も会津若松にいるので
カメラマン3人でみんなを追いかけました


20231102_52.jpg

ここは飯森山
白虎隊自刃の地でもあり
白虎隊のお墓もある戊辰戦争の歴史を学ぶことができる場所です
20231101_05.jpg

天童南部小学校は織田信長直系子孫の領地だった
天童藩の鉄砲場と馬場のあとにあり

幕末の戊辰戦争で官軍を先導した維新軍楽隊なども伝統として守っている学校
(正しくは天童織田藩ではなく 織田領の天童藩です)

織田家は幕府にとっては謀反因子として冷遇され
群馬の甘楽町、高畠町と転々と領地替えを強いられ貧しく
天童藩士の内職として将棋駒作りをはじめたのが将棋の町の成り立ちです


飯盛山へあがるには緩やかな坂道でしたが
帰りは急な石段をおりてきます
20231101_20.jpg
先頭を降りてくる方は旅行会社の添乗員さん
前の山形支店長さんで先生方からも絶大な信頼のある方

現在は盛岡勤務ですが天童南部小の皆さんのためにエース登場
スポーツマンで、いけないことをしたらしっかり指導できる立派な方です


バスでそれぞれの班活動の場所へ移動
ここは会津若松の七日町方面の班
20231101_06.jpg

20231101_24.jpg

20231101_07.jpg

20231101_08.jpg

20231101_09.jpg
起き小法師や赤べこの絵付け体験など
クラフト作業にチャレンジする班を追いかけました


お日様がかたむいてきたころ 徐々にみんなが鶴ヶ城にあつまってきました
20231101_11.jpg

20231101_25.jpg

20231101_10.jpg
せっかく来たので入場券を買って 鶴ヶ城の天守閣にのぼってみる班も次々に


お城の下では美味しそうにソフトクリームを食べている人がいたので
ストリートスナップ風に数人単位でパチリ
20231101_27.jpg

20231101_26.jpg
11月とは思えないポカポカ陽気で半そで姿の人もいっぱい


みんな集まったところで鶴ヶ城を背景にクラス写真
20231102_50.jpg
西日が当たって鶴ヶ城の赤レンガもとてもきれいでした


泊まったお宿は東山温泉の御宿 東鳳
20231101_12.jpg

20231101_14.jpg

20231101_15.jpg
みんなで
「手をあわせてください いただきます!」

20231101_18.jpg

20231101_19.jpg
みんなで露天風呂もある温泉に入って楽しい夜をすごしました


二日目は 会津藩校 日新館からスタート
20231102_51.jpg
昔は鶴ヶ城のすぐ西側にあった学校ですが
昭和の終わりに郊外に移築再建されました

20231102_03.jpg
大学の部屋に入って副館長さんの講和
なぜ学問が大事なのかなどをわかりやすくお話してくださいます

いつも一緒にお話を伺うのですが、大人も聞いておきたい内容です

天童南部小の元にもなっている天童藩の藩校は養正館ですが
きっとこういう勉強をしていたのかもしれません

勉強のあとは見学
20231102_04.jpg
先生も弓道にチャレンジ!

的にあたったかどうかは先生に聞いてみてください


バスに乗って移動する途中に二本松でお昼ご飯
20231102_05.jpg

20231102_06.jpg
美味しい焼肉も出てきました


最後の目的地は あぶくま洞
20231102_07.jpg

20231102_08.jpg

20231102_09.jpg
昭和40年代に石灰石を掘り出す現場で偶然発見された鍾乳洞
その後調査したらどんどん鍾乳洞が見つかり
現在のように一般公開されてから今年は50周年とのことでした

鍾乳洞から出てきてお土産タイムや
アイスクリームを食べてのまったりタイム
20231102_10.jpg
でも、こういう時間が意外と楽しいんですよ

もう疲れたのかと思ったら
20231102_11.jpg
みんなまだまだ元気いっぱい!

このまま帰路につきました

とっても元気いっぱいの皆さんと楽しく過ごしました


2023 修学旅行 (天童中部小ダイジェスト)

10月31日からは修学旅行シーズンの後半ピークです
市内で一番人数の多い天童中部小学校の修学旅行です

体育館で出発式をして 「いってきま~す」
20231031_0000.jpg

20231031_0001.jpg

20231031_0002.jpg

朝8時バスで出発して4時間
やってきたのは栃木県の日光市


ちょうどお昼になりました
20231031_0004.jpg
こんな大きなランチが待っていました


日光はちょうど紅葉シーズン
20231031_0005.jpg

20231031_0006.jpg
日光の地元ガイドさんの説明を聞きながらみんな進んでくるうちに
陽明門の前で集合写真を撮る手続きと撮影料の支払いで先回り

卒業アルバム用に修学旅行するには写真館も旅費を払っているのですが
クラス写真を撮るときにはその都度撮影料(場所代)を支払います


陽明門はコロナの間にすっかりきれいになっていました
5354.jpg
大規模校なので集合写真を撮るのも大変だろうと思っていたのですが
みんなきれいにすっと並んでもらえて
予定外にスムーズに撮影が終了

みんなノリもいいし、マナーもしっかり守っているし
ガイドさんのお話もしっかり聞いてリアクションもとってもナイス

お世辞ぬきでしっかりした6年生だと感心しきりです


20231031_0008.jpg

20231031_0009.jpg
東照宮は撮影禁止の場所が多いので移動シーンが多いのですが
またバスにのって3時間半
すっかり日が暮れてから到着したのは
会津若松の東山温泉
御宿 東鳳
20231031_0015.jpg
20231101_0000.jpg
ハロウィン当日にオバケカボチャがいっぱいお出迎えでした


広いコンベンションホールでみんなでいただきます
20231031_0010.jpg

20231031_0011.jpg
コロナが5類になったとはいうものの
まだ学校の教室スタイルでの食事スタイルです


食後は各部屋の撮影にまわります

「みんな おうちの人にどんなホテルに泊まったのか見てもらうぞ~」

お風呂の都合もあるので女子部屋から撮影スタート
20231031_0012.jpg

20231031_0013.jpg
「あ~ ちょっと待って! 片づける~~~!!」
みんな同じような部屋ではなく
いろんなタイプの部屋がありました
20231031_0014.jpg
お風呂に行く直前だった部屋は こんな感じ

修学旅行はどこへ行くかより 誰と行ったか
友達と思い出を作るのはこのホテルの晩の出来事ですよね


どんな楽しい一夜を過ごしたかは定かではありませんが
翌朝は先生へみんなの健康の報告からスタート
20231101_0001.jpg

20231101_0002.jpg
大人がお腹いっぱいになるくらいの食べたら2日目の活動開始!


まずは会津若松の鶴ヶ城でクラス写真を撮影
im4_5934_2.jpg
いつもは東側から撮影してるのですが
あまりにも天気がよくてまぶしくて目を開けていられないので
急遽お城の南側にみんなにまわってもらってパチリ

それでもかなりまぶしそうなくらい天気に恵まれました


その後バスに乗って飯盛山や武家屋敷、七日町など
班ごとに活動開始

天童南部小学校もこの日にやってくるので
当館も増員して会津若松市内にハンターのように散らばりました
397394503_6778933705520999_4245466830209094668_n.jpg
会津若松でのカメラマンの交通手段はレンタサイクルです
三脚もカゴにいれてウロウロ
20231101_0010.jpg
飯盛山の石段のところで1つの班に遭遇
天童中部小学校の皆さんにはピンクのしおりを目印につけてもらい
天童南部小学校の皆さんには黄色いリボンを肩や腕につけてもらいました

みんな顔を覚えているのですが
どっちの学校だったか間違えてしまいそうなので
先生に事前にお願いしておきました


白虎隊が飯盛山までくるのに通ってきた水路のところでも遭遇
20231101_0004.jpg

20231101_0005.jpg
白虎隊のお墓でしっかりお参り

年配のご夫婦が
「どうして19しかお墓がないの?四十七士でしょう??」

赤穂浪士と間違っている大人もたまにお見かけします


飯盛山から下りてくると石段の下であった班のみなさん
予定が順調に進んでしまい
お昼ご飯で行く予定のお店がまだ開店前とのこと
20231101_0011.jpg

「じゃあ 男子 SIT DOWN  女子ちょっと寄って肩に腕のせて」

最近、若い女の子の間ではこういうストリートスナップが流行っています

撮り方にコツがあってハイスピードシンクロという機能があるストロボで
レンズの絞りをあけて高速シャッターで背景をぼかして撮影

構図は下の人が若干広がって
上の人が近寄って安定した構図にするのが基本形です


自転車に乗って赤べこの絵付け体験をしている班のところへ
20231101_0008.jpg
すでに完成間近でした
「え! あべさん こんなところまで どうやってきたの?」

会津若松ではレンタサイクルがスーパーカーなんだぜ


お昼になったので 3つの班がくる予定のお店の前で待っていると
ちょうどやってきました
20231101_0012.jpg

20231101_0013.jpg
一緒にお店に入り隣の席でタブレットで注文するところをパチリ
注文したものが届いたところでもパチリ

他にも来る予定の班の人が待っていても現れません
近くにクマがでたニュースがあったので
きっと他のお店にいったのかもしれないとお店をあとにしました
(結局 クマじゃなくてひき逃げ事件みたいでした)


七日町に行くと中部小のみなさんとは会えず鶴ヶ城会館へ
20231101_0016.jpg
みんな笑顔いっぱいで戻ってきます
20231101_0017.jpg

20231101_0018.jpg
木刀もまるで撮影の小道具
マンガでワンピースで海賊にとらえられた人みたいになっていました


ガチャポンも人気なんですよ
20231101_0014_20231118162646791.jpg

20231101_0015.jpg
いろんな種類の赤べこが入っています


午後の優しい陽だまりにたってもらって何人かでパチリ
20231101_0020.jpg

20231101_0019.jpg
時には校長先生ともパチリ


カメラマンのオッチャンは鶴ヶ城会館でみんなをお見送りして
引き続き天童南部小学校の修学旅行へ同行
20231101_0021.jpg

大きい学校なのに、みんな時間通りに行動できるし
説明している大人の方の話もしっかり聞くし
修学旅行という名前の通り
しっかりマナーも身についている
立派な6年生の修学旅行でした



月別アーカイブ

プロフィール

abestudio

Author:abestudio
あべごろ~
●山形県天童市の写真スタジオの店主です
●写真のレスキュー隊というテーマでイラストを描いてもらったら、なんとなく兵隊さんのようなイメージになりました。二等兵から頑張ります

●このブログは、リンクフリーです

FC2カウンター
最新記事
リンク