FC2ブログ

ブログ @(あっと)驚く あべごろ~

山形県天童市 《フォトスタジオアベ》 のブログ

新年度の写真教室

天童の駅ビルパルテにある
市民プラザで行っている趣味の写真教室
昨年の12月で一旦終了いたしました。

実は、雪が降っている間は写真を撮りに出歩く方が少ないのか
提出作品が少なくて講座を進めるのが難しかったので、
今年度から4月開講で12月までの講座とすることになりました。

「冬でも被写体になるものは沢山あるでしょう!」
と怒られそうですが、
ご夫婦、ご家族でドライブを楽しみながら
ゆる~く、そして長く写真を趣味にしてもらえればと考えています。

20110124_000.jpg
庭先にリンゴなどの果物を置いておくと
いろんな野鳥がきますので、
それをパチパチ撮ってみるのも悪くないですよ。

何も考えずにリンゴを置いてしまいましたが
背景を考えて置いておくと思わぬ写真が撮れるかも?

あまり気張りすぎて写真を撮らずに
カメラを片手に散歩やドライブのついでくらいで
家族にお土産を風景写真を撮って帰るくらいの気持ちで
写真を趣味にしてみると良いと思います。

誰かに見せたいと思う気持ちで撮ると
写真を見る人の立場でも考えられるので
優しい写真になると思いますよ。


パルテの市民プラザの担当の方と相談して
これまでは月2回の講座でしたが月1回にして
その分、昼の部と夜の部を開催するように準備中です。

土日での講座という話もあったのですが
仕事柄、さすがに土日の講座は難しいので、
その分昼と夜、そして週末近い金曜日で設定しました。

当初はどちらが上級者とかありませんが、
昼の部は女性とご年配の方向けになり
夜の部はお勤めの方向けになるかもしれません。


第3金曜日 午後1時30分~午後3時
第3金曜日 午後7時~午後8時30分


が今のところ予定している時間帯です。

予定では4月15日(金)が第一回目の予定です。
詳細が決定したらまたお知らせいたします。


今日は午後から雪模様になり、あっという間に真っ白になりました。
20110127_001.jpg
この写真だと駐車場が白くなったのはわかりますが
今ひとつ迫力がありません。


ズームアップすると・・・

ワワワワワ! すごい雪の降り方ですね
20110127_000.jpg
同じ時間に同じ場所でも、
写真の撮り方しだいでこんなに雪の降り方が違って写ります。

こんな感じで表現の方法なども基本からの講座なのです。


写真というのは文章を書くこととよく似ていると思います。
絵よりは書道に近いところもあると思います。

どこか一部分だけを切り取って表現すると迫力が増すのです。

「お父さんが頑張って働いています」
という文章よりも

「お父さんは腕まくりをして頑張っています」
と、腕まくりという細かい表現があるとより具体的に伝わりますよね?


普通の生活をしている我々が目にすることのない死体の表現
あまりいい表現ではありませんがハードボイルド小説など
暴力的なシーンを文章で表現すると

「頭から血を流して人が死んでいた」
では全然迫力のない軽い文章が

「つぶれた目の奥に ヘッドライトが鈍く光った」
とより細かな文章の方が大局を書かないでも凄惨なイメージが伝わります。

写真も細かい部分を表現できると上手になりますよ。

怖い文章のように思えるかもしれませんが、
戦場カメラマン達が狙うピューリッツァ賞なども
人間が生きるか死ぬかの世界を写していることがあります。

もちろん平和な写真が好きですが、写真を生業としていると
いろんな作品をあえて見るようにはしています。


文章を書く人が他の人の文章を見ずして
表現能力があがらないのと一緒で、
写真もいろんな写真を多くみることが上達への近道だと思います。


黒澤明監督などの映画を撮る木村大作さんなんかは
こういう細かい部分の撮影が実に巧妙で、
映画<八甲田山>も木村さんでなければ撮れなかったかもしれませんし、
木村さんが自ら監督と撮影を手がけた
剣岳<点の記>などはド迫力でした。

写真を教わっている小林先生と同世代のカメラマンですが
昭和の日本の巨匠に学ぶことはとても多いと思います。


他にも
<サッポロビールは美味いです>
というよりも
<男は黙ってサッポロビール>
の方がキャチコピーといい
三船敏郎さんがどっしり座ってビール瓶を持つポスター一枚が
とても説得力があったりしますよね。

コマーシャルに写真や映像、それにキャッチコピー(文章)は連動していますので
いろいろと参考になることが多いものです。


40代以下の方は
男は黙ってサッポロビールのCMを知らないかもしれません
        当時のCMはこちら
             ↓




サッポロビールの入社試験の面接で一言も喋らずに
「もう帰っていい!」と面接官に言われた大学生が
帰り際に
「男は黙ってサッポロビール」
と喋って立ち去ったという都市伝説がありましたよね。


センター試験が終わって二次試験の願書提出の時期ですね。
証明写真の焼き増しが多くなっています。

二次試験に小論文がある学部も多いかと思います。

たかが小論文と油断しないでがんばりましょうね。




スポンサーサイト



山形 天童 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |