FC2ブログ

ブログ @(あっと)驚く あべごろ~

山形県天童市 《フォトスタジオアベ》 のブログ

まおちゃんのランドセル

夜中の2時に建物火災があって消防団で出動
爆睡状態からサイレンの音で飛び起きたのですが、
思わずテレビをつけてしまいました。

寝ぼけていて、地元の火災なのか災害報道かわからなかったです。

結局、朝6時まで火災現場にいて、
今日はそのまま仕事をしています。


今日のお客様はまおちゃん
爽やかな水色のランドセルだったので
背景も水色の背景を選んでみました。
20110319_000.jpg
はじめのうちはちょっと緊張かな?

女の子にこういう水色が人気なんですよね。

黒板に名前と好きな絵を書いてもらいました。
20110319_001.jpg
1年生になったときの記念の文字ですが、
なんでもいいから好きな絵を描いてくださいね。

20110319_002.jpg
AKB48のお姉さんが着ているような服ですね。
まおちゃん、今日はありがとうございました。


11日の大地震が発生してから<不謹慎産業>という新しい言葉が生まれたようです。
YAHOOに<不謹慎産業>と入れるとヒットします。

居酒屋、レジャー、娯楽などをさすそうですが
記念写真などのスタジオ産業も余波があるみたい。

民放のCMが公共広告機構(AC)ばっかりというのも
多くの企業が不謹慎だと判断してCMをやめているからでしょう。

この状態がいつまでも続いたら大変なことになってしまします。

今月の結婚式の仕事は全て延期(またはキャンセル)になってしまいました。
交通機関がストップしているのでいたしかたありません。
週末というのに静かな一日です。
(小学校の卒業式当日は、新しい制服の方がたくさんお越しいただきました)

たしかに、入学・入園の記念写真どころじゃない方も大勢いますが
乙武洋匡さんもツイッターでかいていましたが、
不謹慎かどうかは自分自身できめること、
誰かに縛られるものではないだろうと思います。


この春、卒業、入園・入学と新しいスタートを迎える人たちに
今の姿を是非残しておいていただきたいと思います。


ツイッターをされている方、是非フォローお願いいたします
photoabeでつぶやいています。
個人のはフェースブックでやり取りしています。

フェースブックの「尊敬している人物」に<手塚治虫>と書いています。

以前から、手塚治虫さんを尊敬しています。
それは漫画家としてではなく生き方としてです。

手塚さんは昭和3年生まれで中学生のときに太平洋戦争を経験しました。
その時に、軍需工場に借り出されたときも漫画を書いていたのですが、
それが不謹慎と咎められたりしました。

それでも友達から続きの漫画を描いてくれと頼まれ
トイレ(便所っていう方が適切かも?)の壁に漫画を描いたりして
また叱られたりしていたのですが
友達からの依頼でいろんな漫画を描いたのだそうです。

戦争で暗い気持ちになっている友達にたいして
自分が何ができるかを考えてのことだったそうです。

当時は不謹慎と言われたかもしれませんが
自分が何ができるだろうと考えたのは確かだと思います。


そして、戦後になり大阪大学の医学部(当時は名称は違うはず)時代に
プロの漫画家としてデビュー。

戦後の焼け野原の日本にいながら
すばらしい発展を遂げる未来の姿を
漫画に描いていたのは言うまでもありません。

それら、自分が何ができるだろう、
どんなに大変なときでも明るい未来を描いている
手塚治虫さんの人柄を尊敬しています。

「漫画と写真って似ているの?」って聞かれることがありますが
そういうことではありません。

明るい未来を想像する気持ちを忘れないでいたいものです。




スポンサーサイト



山形 天童 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |