FC2ブログ

ブログ @(あっと)驚く あべごろ~

山形県天童市 《フォトスタジオアベ》 のブログ

集合写真

お客様が見ることがない写真プリンターの内部
中はこんな感じで現像液や停止液、定着駅、水洗などの層に分かれています

左側から印画紙が入って最初のタンクで印画紙が発色
どんどん右に流れて行って乾燥されて写真になります
20160911_005.jpg
現像液はプリントが多いとどんどん補充されます
でもプリントの枚数が少ないと新しい補充液がはいらないので
現像液が劣化してきてきれいな写真になりません

だけども定期的にこの現像液を全部新しく入れ替えして
こうやって品質管理をしてきれいな写真に仕上げています


デジカメで撮影したデータを印画紙にはレーザーで焼きつけて
その印画紙を現像しているのですが
インクを吹き付けるプリンターとはちがい
実際に現像するので明るいところから暗いところまでの再現できる幅が広く
液晶で見るデジカメ画像では黒くつぶれていたり
白く飛んでしまっているところもきれいにプリントできるのが写真のすごいところです


今年のお盆は14日からUターンが始まってしまい
例年15日に多い同窓会の少なかったのですが
9月に入ってから平日でも頻繁に同窓会の集合写真のご依頼があります
20160911_004.jpg
外で撮る時の方が太陽で顔に影ができてしまうので
より大きなストロボが必要です

カメラの後ろにあるのは1200ワットのストロボ
通常のカメラの上に乗せるかなり大きな
ガイドナンバー60くらいのストロボで
だいたい60ワット~100ワットくらいです
(望遠にしたりすると計算がかわります)

なので一般の方の大きいストロボよりも
はるかに出力のあるストロボを使います


夕方からの外で撮る時は蚊取り線香も必需品
20160911_007.jpg
20160911_001.jpg
早めにスタンバイしていてヒナ段の下においておきます

蚊取り線香ってききますよ~


室内でこういう傘(パラソル)のストロボを使う時もちゃんと訳があります
20160911_008.jpg
20160911_000.jpg
後ろにガラスがあったり反射するものがあると
人物の後ろにストロボが反射して
中央の人物に後光が差したみたいになってしまいます

集合写真の撮影は
人数や場所によって道具や方法がかわってきます


最近の集合写真は写真ではなく、
パソコンプリンターで出力して納品する写真屋さんがいるらしく
ちゃんとした写真で納品して欲しいというご要望で
ご依頼をいただくことが増えてきました

地味ですが、こんなメンテナンスもこまめにやっています











スポンサーサイト



山形 天童 |
| HOME |