FC2ブログ

ブログ @(あっと)驚く あべごろ~

山形県天童市 《フォトスタジオアベ》 のブログ

スタジオ訪問

10月13、14日と神奈川、埼玉のスタジオを訪問して
写真のこと、経営のことをいろいろと教えていただいてきました。

メンバーはメル友の写真屋さん仲間です。

朝8時過ぎに仙台駅で青森の大湊さんと宮城の幕田さんと待ち合わせ。
8時半頃にわが家のワーゲン号で東北道を南下して鎌倉へGO!

最初の訪問先は鎌倉に昨年オープンしたフォトリエ鎌倉
社長の木庭(こば)さんは新潟の長谷川さんと写真学校の同級生なのです。

20091013_000.jpg
   新潟の長谷川さん 訪問先の木庭さん 宮城の幕田さん
左から阿部                      青森の大湊さん

1996年に小田原で独立開業して5年前に自社スタジオも建てて
2号店として鎌倉に出店したお店なのですが
短期間でここまで成長した影には
いろんな人から教えてもらったことの実践しているパワーがあります。


す・る・と・・・・・
20091013_001.jpg
スタジオの定番小物の中に何故か釣竿を発見 
「木庭さん、この釣竿は何に使うの」 

20091013_002.jpg
「これはね こうやってヌイグルミをぶら下げて・・・」
自分の頭にコツ~ン とか 
いろいろと体をはって子供の表情の演出を教えてもらいました。

スタジオ写真で小さい子供たちが笑わせるには
みんないろいろと自作の小物をつくっています


その後小田原のお店を訪問。
鎌倉のお店よりも大きな自社ビルのお店でした。


その後、木庭さんも一緒に5人で箱根で懇親会。
駐車場に車を入れてから案内されたのは
この夢のゴンドラ(自家用)

20091013_004.jpg
木庭さんが予約してくれた大和屋さんという旅館は渓谷の下にあり
旅館専用の自家用ロープウェーでないとたどり着けません。

軽自動車よりも小さいロープウェーに5人がギューギューになり乗り込みました。

ここが大和屋さん
20091014_003.jpg
写真は朝に撮ったので感じませんが
前の日の日没後に着いたときは暗闇の渓谷で明るくライトアップされ
そこに大勢の仲居さんがずらりとお出迎え。

「千と千尋の神隠し」の世界に着たかと思うような幻想的な宿でした。


20091014_002.jpg
スティービー・ワンダーが座った場所。
有名アーチストもたくさん泊まっているなんとも風情のある宿でした。


二日目は埼玉の久喜市にある林写真館さんへお邪魔しました。
20091014_001.jpg
スタジオの脇に自然光で撮れる庭のようなスタジオがあり
業界では全国的に有名な写真館です。

我々のほかにも数社お越しになっていましたが
みんな5店舗も10店舗も持っている大きなスタジオの経営者ばかり・・・

さすがにこのクラスの写真館になると交際するスタジオもスケールが違います。


衣装室も桁違いにきれいです。
20091014_000.jpg
写真スタジオで貸衣装が当たり前になる前から
社長の奥さんが集めてきた宝物ばかりならんでいます。
(前で見ている方は有名な子供写真館の副社長さんなんですよ)
平日でも大忙しでした。



で、当店はどうだったのか気になっていたのですが、
スタジオ撮影こそスケジュールをあけていたのでなかったのですが
衣装と撮影相談のお客さんが毎日来てくださっていた様子。

皆さんありがとうございます。


20091015_000.jpg
今日は娘の同級生のほのかちゃんが来てくれました。

ほのかちゃんのお母さんも阿部と同級生で、
小学校のときに同じクラスだったんですよ。

ほのかちゃんのオジイチャンの家は
天童温泉の割烹 一久さん。
(昔からの天童市民は寿司の一久の方がなじみがあるかも)
20091015_001.jpg
一久さんには、会合でよくお世話になっています。

七五三で神社にお参りに行った帰り、
オジイチャン、オバアチャンも一緒にお食事に行く家族が多いと思いますが
一久さんでは七五三参りのコースもあります。

ファミレスもいいけど着物を着た日は
和食でご家族のご会食も上品ですね



スポンサーサイト




山形 天童 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<写真教室 | HOME | 写真教室>>

この記事のコメント

遠いところお越し頂きありがとうございました
うちが勉強になったか?わかりませんが
夢のゴンドラは体験、感動でしたね、、、そこが一番勉強になったのでは(笑)
これからもお互い頑張りましょう
2009-10-16 Fri 08:54 | URL | グリム [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |