FC2ブログ

ブログ @(あっと)驚く あべごろ~

山形県天童市 《フォトスタジオアベ》 のブログ

第一回 平成鍋合戦

15年前の1月15日は何をしていたのかというと、
第一回目の平成鍋合戦の日でした。

当時はまだ青年部とか青年会議所とか 
青年と名のつく団体のメンバーでいられる年齢でした

当時はみんなの調整役のようなポジションでしたが
メンバーですらなかなか協力してくれないような状況からのスタートでした。
「そんなものうまく行くわけがない」
多くの人に頭を下げて歩いたのを思い出します。

今となってはどんなイベントなのかわかりますが
寒風吹きすさぶなかで催し事をしようというのですから無理もありません。

画像は15年前の当時の写真。
ポジフィルムで撮影してデジタル化したデータなのですが
15年前のデジタル技術はこのくらいの画像だったんですよ。
20110115_008.jpg
看板の 天童冬の陣の  のところが割れているのわかりますか?

当日の朝にトラックのユニックがぶつかり割れちゃって
応急処置をしたりしたんですよ。

今の体育館が出来たばかりで
校舎もまだ古い建物なのがわかります。

そもそも、平成鍋合戦は
1月15日の行われている天童初市の活性化プロジェクトとしてはじまりました。
会場は天童中部小学校の現在の駐車場です。

今と違って予算なんかわずかに補助金をだしていただいた程度
あらゆることが手作りだったのです。

現在よりもかなり少ない人員でいろんな準備をしていました。


昔の天童中部小学校は廊下のない小学校なのです
20110115_000.jpg
昔の体育館を解体したあとなのでとても広いスペースで、
中庭にプレハブの職員室があった時代。


お正月のイベントだったので神事性なども大切にしました。
20110115_001.jpg
メンバー手作りの巨大絵馬


20110115_004.jpg

20110115_005.jpg


20110115_006.jpg
サブイベントの長さ5メートルの一本麺の早喰い競争

麺に唐辛子を練りこんだ麺にする予定で試作しましたが
ツルッと飲み込むので意外と辛くないし、
後からお腹をこわされたりしたら困るというので普通の麺になりました。


20110115_010.jpg
割烹調理師会によるアンコウの吊るし切り実演&アンコウ鍋


予算がなかったのでいろんなものが手作り
20110115_009.jpg
「おお!CADを引いたような会場図面!!」
みんなで笑っていたのがもう15年も前なんだ・・・。


第一回目は、これまでやったことのない冬のイベントなので
果たして来場客が来るかどうか心配でみんなはじまるまでドキドキでした。
20110115_007.jpg
でも、時間になるとドドド~って人が来て
このままでは危険なのでは?と思うほどの人の入りでした。


20110115_002.jpg
本陣のテントは消防本部から借りてきたものでした。


当時のメンバーの弁当
20110115_003.jpg
陣中兵糧 <賄い方謹製>なのです

以前、
「平成鍋合戦の立ち上げの頃の話を」という講演依頼を請け
90分くらいの講演をしたことがあります。

この平成鍋合戦
当初の企画タイトルは 鍋サミット

mixiなどで
「はじめはただ鍋料理を沢山集めただけ」と書いている人がいましたが
第一回目から鍋将軍はありましたが、
トロフィーなどが間に合わなかったのです。

企画段階で 東西南北味自慢<天童鍋サミット>
       天童冬の陣 平成鍋合戦
                             という長いタイトルでした。

かつて、トルコのイスタンブールが東洋と西洋の文化の交差点であったように
ふんだんな食材を一同にあつめて・・・

天童は日本海と太平洋の間にあり
海の幸、山の幸、里の幸が手広くそろう味覚の交差点。
 
                    な~んちゃって

もっともらしい企画書を片手に
雪のなかを来てもらえるように各地へ
電話やお手紙ばかりではなく直接お願いに行ったりしました。

こういう足を使い、お互いに握手をしたりする
営業活動のような人脈つくりなどは
こういう青年部の先輩達から体で教えてもらったのかもしれません。

商工会議所青年部というのは商売のトレーニングの場でもあるので
いろんなことにトライしてうまくいかないときには
改善していくことも大切なのでしょう。

自分の商売に照らし合わせて考えても
近くの人がお客さんになってくれないのに
遠くからお客さんが来たと喜んではいられません。

商工会議所青年部というのはイベント屋ではないのですから
メンバーそれぞれがこういう場で自分会社のノウハウを出し合い
そして効率のいい会場設営や広報活動などを勉強して
それぞれの会社の今後の経営に役立ててほしいものです。

第一回目の立ち上げメンバーの多くが40~50代

今は当時のメンバー、先輩方の多くとライオンズクラブで
お食事をしながら楽しくやっていますが
若いときに一緒に苦労をするのは勉強になるし
貴重な体験、そしてその体験を昇華させた経験として役にたつのだと感じます。


来週は新年会です

スポンサーサイト




山形 天童 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<写真集仕上げ なう | HOME | ストロボ解体新書>>

この記事のコメント

 洋ちゃんと、チゲ鍋作ってました。あの頃は、ほのぼのしてたなー。
2011-01-25 Tue 20:44 | URL | kan [ 編集]
kanさん コメントありがとうございます。

大変だったけれど<町の観光資源>とか言って、後ろからつっつくような人がいなかったから、みんなほのぼのと楽しくやってましたよね。国際交流協会もあっという間に売り切れて、びっくり市から食材買ってきてまた作っていたっけ・・・。
2011-01-26 Wed 16:27 | URL | あべごろ~ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |