FC2ブログ

ブログ @(あっと)驚く あべごろ~

山形県天童市 《フォトスタジオアベ》 のブログ

消防団 出動!

朝、仙台の高専に通う長男を山寺駅に送って 帰宅してまもなくすると

消防無線 

「ダダイマ ナカマチチナイ カサイ ニュウデンチュウ」

「カサイシレイ カサイシレイ ナカマチ タテモノカサイ」



農村山間部なら林野火災なども多いのですが天童地区での火災はほとんどが建物火災
しかも、類焼などが怖いです。

消防団出動です。
家をでたら、南の方に真っ黒な煙があがっていました。

仲町で消火栓をからポンプ車に水利をとって放水しました。

建物火災でしたが、人が生活している住宅ではなく農作業小屋の火災
ほどなく鎮火することができました。
20110826_0000.jpg
黒い煙も白い水蒸気にかわってきました。


昔は仲町も天童中部小(当時は天童一小)学区でしたが
クラスに仲町から通っている同級生っていなかったので
意外と遊んだ記憶がありません。(田鶴町はよく遊びにいったんだけどなあ)

天童市の天童地区消防団は第一分団と言って
天童市になる前の天童町が管轄になります。

なので、天童南部、中部、北部小学区のほとんどが管轄になるのです。
すごい世帯数のわりに消防団に入ってくれる人がいなくて

日頃、火災がなければ月2回の点検日で
団員同士とっても楽しく情報交換しているのです。

だから、いざというときにみんな意思の疎通ができるんですよ。
20110826_0002.jpg
地元の消防団は鎮火した後で現場で再燃火災などないように待機します。

これが、結構大変なんですよ
冬の夜なんか底冷えです。

今回は死者も負傷者もなかったですが
死亡者が出た現場で夜中に見回りに行くのはドキドキもんです。

仲町の町内会の皆さんが炊き出しを用意してくださいました。
現場とポンプ車を何往復もするので喉がカラカラ

ペットボトルのお茶がとてもうれしかったです。

中には、一晩中待機していてもお茶も何も出ない地区も少なからずあるのです。


消防団は帰ってきたらそれでおわりではありません。
まずは、使ったホースを洗って干します。
20110826_0004.jpg
今日の使用したホースの本数は5本でした。

次の出動に備えて、ホースをしまったり
いろいろと後始末があるのです。




火災は、あっというまに大切な財産を奪ってしまいます。

火の用心ですね





スポンサーサイト




山形 天童 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<8月最後の週末 | HOME | ケントくんとモモカちゃん>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |