FC2ブログ

ブログ @(あっと)驚く あべごろ~

山形県天童市 《フォトスタジオアベ》 のブログ

修学旅行

10月13、14日は小学校の学校アルバムの随員で
修学旅行の同行撮影です。

あべごろ~は、14日(金)の都合がどうしてもつかず
天童中部小学校の撮影はハギハラさんにお願いして
13日だけ荒谷小学校の修学旅行で盛岡に同行して
夜に日帰りで帰ってきて
翌日は岩手県の写真館の友達にお願いしました。

「修学旅行に同行する写真屋さんはタダなんでしょう」
というご父兄もいらっしゃいますが、
ちゃんと旅行会社から請求されてきて支払っています。

夢を壊すような生々しい数字ですが、
小学校の修学旅行にカメラマンをを2日同行させると
旅費、人件費、その他諸掛などで8万円ほどの経費がかかります

中学、高校となれば旅費も人件費も距離や日数や応じて増えます

経費はそれなりにかかってくるのですが
それがアルバムの価格に反映できなくなっているので
最近では同行しないアルバム業者も増えてきているようです。


天童中部小学校は東京へ修学旅行です
20111013_0009.jpg
朝6時10分発の山形新幹線です。

天童の子ども達は親の運転する車でばかり移動することが多いので
公共の乗り物を多く使うように考えられ
乗り物に乗るときや乗換えなどのマナーなども体験学習です。

先生方も短時間で移動させるのに大変なご苦労があるのです。


天童の子ども達をハギハラさんがみつけられるか心配していましたが
考えてみたら運動会のときも行っていたので
子ども達も多少の面識があったようです。
20111013_0010.jpg
お台場で班行動のときには
主にフジテレビ前で子ども達を待っていたようです。


両国でのちゃんこ鍋
20111014_0000.jpg
両国にあるちゃんこ屋さんは本当にメチャメチャうまいです。

水をガブガブ飲んで、汗だくで食べるんですよ


江戸東京博物館で全員写真
20111014_0001.jpg
ちょっと離れすぎかも?

でも、フルサイズで最高画質で撮影されていたので
一人一人わかりました。


こちらは荒谷小学校
仙台駅までバスで行き東北新幹線はやてで盛岡へ
20111013_0001.jpg
秋田新幹線と接続されているはやてでした

盛岡についたところで班行動
女の子4人の班が養蜂場に行くというので同行しました
20111013_0002.jpg
ミツバチがブンブン言っている巣箱をあけてみると・・・

はじめは怖がっていましたが
あべごろ~が持ってみたらみんなも手にとって実際に触ってみることができました


修学旅行の班行動につきものなのが迷子

家でお父さんお母さんには話さないと思いますが
みんなの迷子っぷりはなかなかなものです。

「あべさ~ん どうすればいい」
「みんなについて行っているだけだから わからないよ」

20111013_0003.jpg
通りがかりのオジイサンに道を訊いていました。

つかず離れず
まるで、はじめてのお使いのカメラマンの気分です

教えてあげることは簡単ですが、自分達の力でやりぬくことが大切ですね


お昼からは冷麺屋さんで会った男の子チームに同行することに
20111013_0004.jpg
激辛の冷麺になってしまったS君
スープはかなり真っ赤で、冷たい麺なのに額に汗も


午後2時半まで班行動をしたあとは岩手山の麓にある
焼走り溶岩流の見学
20111013_0006.jpg
うちの長男が6年生のときも岩手の修学旅行で行きましたが
ガイドさんの説明がとてもわかりやすくてすばらしいです。

草も木も生えないだろう溶岩の上に松の木が自生している姿から
楽な道ばかり生きようとするのではなく
努力をすれば必ずできるんだということを教えてくださいました。


盛岡から15キロほど雫石方面にある
つなぎ温泉の愛真館に到着
ここも5年前にうちの長男達が泊まった宿でした。
20111013_0008.jpg
ここから、バスで盛岡駅まで帰る予定でしたが
バスを待っていると新幹線がなくなってしまうことを知り
仕方なくタクシーで盛岡駅に
そして新幹線と仙山線で家まで帰ってきて
七五三や成人式のスタジオ撮影、週末の結婚式と
駆け足で週末を過ごしました。



七五三の予約がピークを迎えつつあります。

今、ご予約、衣装相談にご来店いただいている方は

11月6日の日曜日あたりに七五三をご検討の方が多いようです。

お問い合わせはお気軽にどうぞ







スポンサーサイト




山形 天童 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<プリンチャオ | HOME | 事務手続き>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |