FC2ブログ

ブログ @(あっと)驚く あべごろ~

山形県天童市 《フォトスタジオアベ》 のブログ

修学旅行ウィーク

ここは山形空港
村山市方面に端照っていると
管制塔から滑走路にかけてきれいな虹がかかっていたので
ちょっと寄り道してパチリ
後ろに見える葉山は上のほうが薄っすら雪化粧していました
201810310009.jpg
阿部家代々のお墓は
戦時中までこの滑走路のところにあったのだそうです

ここに飛行場を作ることになり
座棺で土葬されていたご先祖様を掘って
それから火葬しなおして西側に別に用意したお墓に埋葬しなおしたのを
うちのジイチャンにきいたことがあります

ハロウィンの仮装と火葬をかけてみましたが
ん~  苦しいですね


さて、今週は今年のラストの修学旅行ウィーク
前半にアカネさんが東京の修学旅行に同行です

天童市内の金婚式があったのでチェンジしてもらいました
201810310008.jpg
朝だけ駅までお見送りにきました


週の後半は交代して自分が会津若松・日光方面へ
201810310010.jpg
201810310011.jpg
こちらはバスに乗って同行です
今年の紅葉は赤が少ないような気がします


会津若松城
いつ見ても見事ですね~
201810310013.jpg
会津若松では子供たちが班別研修をして
自分たちでお店でお昼ご飯を食べるのですが
どこのお店に入ってもお店の方々が
修学旅行の子供たちへの受け入れが出来ていて
とても感じがよいお店ばかりで
これは本当に我々も学ばなければいけないと思います

本当に感じのいい方々ばかりです


会津若松の研修がおわるとバスに乗って鬼怒川温泉へ
そして翌朝日光東照宮へむかいます

バスガイドさんが
日光東照宮ってどんなところか知っている人いますか?

すると物知りなS君が
徳川家康が眠っているところ!

バスガイドさん
そっかぁ~ 今日は起きているといいねぇ

すると
あぁ! サルがいる!!!!
201810310012.jpg
バスガイドさんの巧みなボケに気づいたのは
カメラマンと添乗員さんだけでした


9月の日光への修学旅行はアカネさんにお願いしたので
実に1年ぶりの日光東照宮です
201810310014.jpg
東照宮ではバスガイドさんではなく、専門のガイドさんが案内してくださいます。
何度もきているとガイドさんも見慣れた方々になるのですが
今回は初めてお会いする若い男性のガイドさんでした

普通、お侍さんは左側通行をしなければなりません。
それは何故かというと
右側を通るとお侍さん同士の刀がぶつかる恐れがあるから
刀と刀がぶつかるのは武士としてあってはならないことなのです

ところが、この陽明門より先に行くには刀を預けていくので、
これより先は右側通行で進んでいくのだそうです。

争いごとがない平和な世界を望んだ徳川家康公らしいですね






スポンサーサイト

山形 天童 |
| HOME |